生き残る飲食店を立ち上げるには。



飲食店は3年続けば立派だとよく言われていますが、それは飲食店に限らず、企業全体に言えることだと思います。


どのような業種でも生存率は高くありません。ですが、飲食業の生存率は他の業種よりも低いと考えられています。


それは、他業種よりも開業しやすい点と、経営難に陥りやすい点からです。


1997年をピークに飲食業界の市場は減少し、2009年のリーマンショックや2011年の東日本大震災など、大規模な経済の破綻や災害も影響し、ますます市場が落ち込んでいきました。


ゆるやかな景気回復に合わせて、飲食市場も少しずつ回復してきていたものの、直近ではほとんど成長が止まっている状態にあります。


材料費の高騰や人手不足など、今後懸念されることは多くある一方で、飲食業界は限界利益が高く、売上が経常利益に貢献する度合いが他業種と比べて比較的大きいのです。


つまり、健全な経営ができればじゅうぶんに生き残り、拡大できる業界と言えます。


行き残る術さえ理解できていれば、最適な指標に沿って目標に向かっていけます。そんな飲食店の経営ポイントをご用意しましたので、佐世保で飲食店の開業をお考えの方は、是非、ご相談ください。

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示